FC2ブログ



Malice 


今日、君にお手紙書きました。

"いつ死んでくれますか?"

この短い一行に込めた
言葉では言い表せない程の気持ち。

返して下さい、私の宝物。
返して下さい、私の年月。
返して下さい、私の幸せ。
返して下さい、私の感情。

君のせいで、大切なモノを沢山なくした。
君のせいで、大切な年月を無駄にした。
君のせいで、私の幸せは君のモノになった。
君のせいで、うまく笑えなくなった。

君がいなかったら、あの子と一緒にいれた。
君がいなかったら、素敵な想い出いっぱいだった。
君がいなかったら、あの子は君の元に行かなかった。
君がいなかったら、今も人を信じる事が出来てた。


今日も、君にお手紙書きました。

"返して、かえして、カエシテ。"

いつまで経っても、お返事は返ってこない。


ある日、お手紙届きました。

あの子は、私のお願いを聞いて
お空に逝ってくれたらしい。

No.141 / Poem / Comment*0 // PageTop▲

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

 Home 


Copyright © 凡庸に焦がれる。 All Rights Reserved.

凡庸に焦がれる。

 

0574 Web Site Ranking


Web clap


Profile


氷愁

Author:氷愁
Birthday:1993/11/16
Age:22
Sex:Female
Other:書き並べる言葉達は
基本想像、極稀に現実。

FC2 Blog Ranking



Category




Material by ミントBlue
/ Admin

FC2 Blog Ranking